Zローションの良い口コミを見ると、効果があったという嬉しい声が沢山あります。濃かった髭が目立たなくなったり、髭剃りの回数が減って肌荒れに悩まなくなったり清潔感のない青髭が解消されています。

Zローションを使用した人の良い口コミを聞いた人が購入して、その感想を広めて大ヒットに繋がっています。

現在はZローションの累計売上は180万本を超える程で、この事からも評判の良さが分かります。良い口コミが多いが、Zローションが効かない人もいます。Zローションが効かない人の共通点は、誤った認識をしている事です。

使用し続ける事で徐々に効果を発揮する抑毛剤であるため、脱毛とは異なり時間がかかってしまうのは仕方ないです。しかしこれを把握しないで即効性を期待すると、効果がないという評価になってしまいます。

また正しい使用方法を理解していないと、効かないです。Zローションは毎日使用するのが基本であるが、たまにしか使っていないと結果は得られにくいです。

節約して少しずつ使用しているのも、効果が現れない原因になります。効果が出るまで根気よく使い続ける事と、正しく使用する事が大切です。こうする事で、沢山の口コミで診られる効果を得られます。

>>Zローションの詳細はこちら

Zローションの5つの効果

Zローションの最大の効果は、抑毛です。脱毛のような即効性はないが、徐々に毛が薄くなってきます。髭剃りの回数を減らすと、肌荒れを防ぐ等の自然脱毛の効果が期待出来るのが特徴です。抑毛は毛の成長や生成を抑える事で、毛が生える周期に作用してその成長を抑える事です。太い毛を細くして、目立たなく出来ます。Zローションの有効成分が毛の再生を助ける5αリダクターゼという酵素に作用して、髭の再生と成長を抑えてくれます。

Zローションのローションには美容成分がたっぷりで、シェイビング後の肌を保湿したり滑らかでクリアな肌に目指せます。Zローションは体内の活性酸素であり、毛穴の深部にある酵素である5αDHTという発毛指令を促すものに対して発毛指令を防ぐ働きをしてくれます。新しく生えてこようとする毛を、予防する効果が期待出来ます。

Zローションの美容成分には、ニキビや吹き出物等の肌トラブルを改善して再生毛が太く硬くなるのを防ぐ美容成分も含まれています。Zローションには永久脱毛のような効果は期待出来ないが、体質を変えるような効果もないです。効果を維持するには、塗る量を調節して抑毛ローションを長期間付き合っていく事が重要です。

>>Zローションの詳細はこちら

Zローションは全身の体毛にも効果的

Zローションは髭を抑毛する効果の強いアイテムであるが、髭以外の部分でも使う事が出来ます。男性ですね毛を気にしている人は少ないが、女性が男性に対して清潔感を求める事があります。男性にも毛の処理が求められる時代になっているため、しっかりとすね毛や足毛を抑毛していきます。海外では男性の陰部の清潔感が求められていて、全て除去する人までいます。

日本ではまだ少ないが、女性側の美意識が高まっている事から将来的には陰部の毛を除去するのが当たり前になる時代がやってくるかもしれないです。もじゃもじゃしている陰部の毛は気持ち悪いため、抑毛はもちろんであるがもう少し処理を行っても良いと感じます。眉毛にZローションを使用している男性は多いが、眉毛は目の近くであるため自分で実践するのはおすすめ出来ないです。

万が一Zローションが目に入って失明する可能性があり、十分注意する必要があります。自信がない場合は、絶対に使用しない方が良いです。眉毛の抑毛や脱毛は、きちんとしたプロにお願いしてもらう方が安全で安心です。眉毛のように目の近くは危険であるため使うのを控えた方が良いが、他の部位であればZローションを使う事は出来ます。

Zローションの効果が得られる使い方

Zローションを使う時に重要になるのが、清潔な状態の肌に使用する事です。Zローションのジェルの容器の裏には、洗顔後や入浴後等の肌が清潔な肌に適量を1日2から3回を目安に使用するように記載されています。毛穴の汚れが落ちている程、ケア成分の浸透効果が高まります。このために、洗顔後や入浴後に使用する事が推奨されています。

効果を更に引き出すために行ないたいのが、毛穴を拡張させる作業です。公式サイトには厚めに顔全体に塗っていくように、推奨されています。しかし、これだと重力によって上の方に塗っている成分が下に下がってきてしまい万遍なく塗るのが困難になります。市販されているシートマスクにZローションを垂らしてしっかりと浸透させて、抑毛成分と美容効果を高く浸透させる事が出来ます。洗顔後にシートマスクを作成して、10分程度使用するのがおすすめです。

反対に10分以上使用すると、皮膚呼吸を阻害させてしまうため注意が必要です。最後に髭剃りの方法は、電動のシェーバーの使用を推奨します。T字カミソリで剃ると、古い角質と共に新しく出来たばかりの角質まで傷付けてしまい折角保湿を行った肌を再度傷付けてしまう事になります。電気シェーバーを使うと、肌トラブルを抑制して髭だけが剃れます。

Zローションの仕組みと効果

Zローションの仕組みは、5αリダクターゼが作られるのを抑制します。5αリダクターゼとは毛穴組織付近に存在しているホルモンで、人の身体に分泌されているテストステロンという男性ホルモンと結び付くとジヒドロテストステロンという活性酸素になります。

ジヒドロテストステロンが髭を濃くする原因で、5αリダクターゼが作られるのを抑制する事で髭が濃くなりにくくなります。Zローションを購入する時に気を付ける事は、脱毛剤ではなくて抑毛剤である事です。脱毛は毛を無くすのを目的にしているが、抑毛は毛の促進を抑えるのを目的にしています。脱毛を目的にZローションを購入すると、期待していた効果が得られない問題が生じる場合があります。

Zローションは抑毛を目的にしている商品であるため、髭が生えてこなくなる事はないと考えておく必要があります。実際に使用した人の口コミでは、Zローションを使い始めて4か月になる人は髭が明らかに目立たなくなっています。仕事柄見た目には気を使っている人は、髭だけは濃いままでした。Zローションを使い始めてから会社でも若くなったと言われるようになり、髭だけで印象が変わる事を実感しています。

>>Zローションの詳細はこちら

私が学生の頃、「脂肪燃焼スープダイエット」というのが流行し始め、私も痩せたかったので、流行に乗っかりこのダイエット方法を試しにやってみました。
方法として、
・7日間決まった食事をする
・脂肪燃焼スープを作って、スープは食べたいだけ食べていい
・飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーのみ
大体こんな感じの方法です。デトックス効果もあり、7日間で5キロ以上痩せた人もいるという驚異のダイエット方法です。

・1日目の食事:脂肪燃焼スープ+フルーツ(バナナ以外)
当時の記憶では、脂肪燃焼スープもすごくおいしくて食べやすかったです。ただセロリが苦手なのでちょっと匂いするのがきつかったですが、基本的にこのスープだけでお腹いっぱいになれるほど満足のいく食事ができました。体調にも変化なし。

・2日目の食事:脂肪燃焼スープ+野菜
味にも飽きることなく、順調にダイエットができていると実感していました。ただ、私は毎日お肉を食べていたので、野菜ばっかだけの食事に物足りなさは感じていました。体調も変化なし。

・3日目の食事:脂肪燃焼スープ+フルーツ(バナナ以外)+野菜
3日目くらいから、若干体力がなくなったような感じがしました。気力が出ず、だるい感じがありました。夏だったので、気候のせいだと思い、気にしていなかったです。

4日目には、私は貧血に見舞われ、倒れました。野菜しか食べていなかったせいか、それとも夏に行ったせいなのか、体調を崩し、私は4日目で断念しました。ただ、3日間くらいやっただけで、体重は3キロほど痩せていました。私には合わないダイエットだったのかなと、今や若干のトラウマがあります。

食べたいときだけ食べるダイエットで痩せたい

痩せることについてさほど興味が無かった私でしたが、あるときから「痩せると可愛くなるんだ」と思うようになって・・・。
それは芸能人がスタジオから出て街中を歩いている場面で、一般人が芸能人を見ると「実際に見る方が可愛い」と言うんですよね。
それもかなり高い確率で芸能人を間近で見た一般人は「テレビで見るより可愛い」とか「テレビで見るより細い」と言っているんです。

そういうものを何度も見ているうちに痩せて見えることは良いことなんだと思うようになりました。
「テレビで見るとちょっと太めに見えるけど実際に会えばテレビで見るよりだいぶ細く見える=可愛い」という図式ができあがってしまいました。
それから痩せていることは悪いことではないし良いことかもしれないとときどきダイエットをするようになったのです。

私が好きなダイエットは食べたくないときは食べないダイエット。
食事時間になると家族が揃うのが当たり前の家庭で育ったため食事を抜くのは難しいけど、最近は食べたくないときは外出するようになりました。
外出すれば食事の時間にいなくても変に思われませんからね。

家族に心配かけることなく食べたいときだけ食べる方法で痩せられたら幸せです。

ダイエットは長期で考えています

好きなダイエット法なら長く続きますよね。
私が好きなダイエット法は運動をすることだけです。
それ以外のダイエットをいろいろ試した結果運動だけは続けられると分かりました。

結局ダイエットは続けられるかどうかですから、続けられそうもないことを選ぶと大変なことになります。
一時的に痩せてもそれを続けられなければダイエットを中止した途端リバウンドに向かいます。
リバウンドと一言で言ってもリバウンドするということは痩せにくい体に向かっているということですから後が大変。

年を重ねるにつれて痩せにくい体になっていく中で、リバウンドを繰り返すことでトクすることはありません。
若くてもダイエットのリバウンドを繰り返していると太りやすく痩せにくい体に変わっていきます。
コレは本当にソンなことで百害あって一利なしとも言えます。

私は運動だけでダイエットを長続きさせていますが、健康になれるし運動仲間もできて言うことありません。
同じ目標を持つ仲間ができたり、また筋肉量が増えることでスタイル良くなります。
ダイエットは短期決戦と考えてはいけませんね。

長期的に考えて自分の性格にどんなダイエット方が合っているのか真剣に考えれば失敗を防げますよ。

ダイエットが楽になったのは・・・

ダイエットで悩むことが多かった私ですが40代になりダイエットで悩む時間が減りつつあります。
若い頃は栄養の吸収が良かったしホルモンバランスも良かったから油断すればすぐに太りましたが最近は太りにくくなりました。
その原因のひとつに食が細くなってきたことが挙げられます。

当たり前のことですが食が細くなってくると太る心配が減ります。
若い頃は食欲旺盛だったため食べれば食べるだけ太りましたが、やはり食べる量が減れば太ることはないんだと最近実感しています。
年を取るとイヤなことしかないと思っていたけれどダイエットに関しては楽になりましたよ。

食欲をコントロールするのはかなり意志が強くないとできません。
若い頃は意志が弱く食欲に負けてばかり・・・。
そこに苦労していた私でしたが、40代になってからゆっくり食事を食べることができるようになったし食事量を抑えることができるように。

食事量を控えてもストレスはありません。
また食事をよく噛んでゆっくり食べることが自然にできるようになり胃の負担が減り体調が良くなりました。
早食いや大食いは胃の負担が大きく体調を崩す元になりますね。

この調子でストレスなくダイエットを継続できたらと思っています。

当時流行ったレコーディングダイエット

もう何年も前に、レコーディングダイエットをしました。

当時まだ学生のとき、某ドーナツ屋でバイトしいていたので、ついつい夜中にドーナツ・・・みたいな生活が続いてしまい、気づいたら順調に増量し首がなくなってました。
写真に写る自分をみてさすがにヤバイ、と思い、自己嫌悪からダイエットを決意。

食べたものとそのカロリーを、手帳に毎日書いてました。でも外食したときなんかはカロリーわからないので、∞とか書いてました。

ちなみにマイルールがあり・・・基本的に野菜に関してはカロリー書いてなかったです(^^)ストイックに全部書かなきゃ!って思うとめんどくさくて続かない自覚があったので。でも、イモ類なんかはてきめんに太れるのでカロリーどうこう以前に控えてはいました。

でも、コンビニや菓子パンなどはカロリー表記があるものを選んでましたね。ダイエットするなら菓子パンとか食べるなよ!って話かもしれないんですが、生粋の甘党なのでやめるという選択肢はありません(^^)適度に食べつつ、カロリー調整して痩せる!

あとは一人暮らしだったので、ごはんをまとめて炊いた際にグラムではかって冷凍してました。ごはんって目分量だとだいぶ重さに差が出ちゃうなーと思って。

そういう生活を半年ぐらいは続けていたと思います。で、痩せた後もういいかな?というところでノートへの記入は終わりにしました☆
書かなくても、だいたい目安で「カロリーとりすぎだな」とかわかるようになってきたので。

ただその時の後遺症といってはなんですが、菓子パンやコンビニスイーツなど買うときに、必ず裏をみてカロリーを確認しないと買えなくなってしまいました。